金沢市山科町ヘの住宅地の中に、芋掘り藤五郎神社がある。芋掘り藤五郎ウオッチャーなら一度は訪ねてみたい重要スポットと言えます。場所は下の地図の通りですが、現地にはわかりやすい案内看板が無いので、意外とウロウロしてしまいます。

*写真をクリックすると拡大されます。

芋掘り藤五郎神社由来

藤五郎神社は昭和6年4月(1931)山科青年団の一部の人達が山科神社にあった碑をここに写し小祠の祭神とした。近年老朽化が目立ち始めいたので昭和63年6月(1988)社殿、鳥居、灯籠、狛犬、手洗い、玉垣等全てを新しく造営した。
鍬かけの松は芋掘り藤五郎ゆかりの伝承で、藤五郎がその松の枝に鍬をかけて一服したと言い伝えられていた老松3本がこの辺りにあったのだが、明治25年ごろ(1892)根の下に黄金があると噂が広がり、人々が掘りおこしたため明治37年頃(1904)枯れ、その松で13個の米搗臼を作り、山科村の旧家に保存していたが、内1個を昭和62年4月1日(1987)石川県立歴史博物館に搬入、保管展示されている。神社右手の鍬かけの松は2代目である。
学問好きの加賀藩13代藩主前田斉泰は学者の津田鳳卿に命じ、鋳物師採鉱者によって言い伝えられていた炭焼き長者の話をもとに説話を作らせた。それが兼六園西の隅にある宝形造り四阿の下清水が湧きでている金城霊澤(一説には金洗澤とも)の碑文である。
奈良時代初期、養老の頃(716~717)山科村枝村の伏見村(伏見の里)に山芋を掘り生計をたてていた藤五郎という若者が住んでいた。一方大和の国初瀬の里、萬の長者生玉右近萬信(一説には生玉方信)は観音様に祈願して、娘の和五(一説には和子とも)を授かりし後、夢枕にたった観音さまが「娘和五の婿となる者は加賀の国山科伏見の里の藤五郎である」と告げられ、遥々この地を訪ね詳細を説明して執拗に懇願、二人は夫婦になったのである。藤五郎は邪欲なく澄んだ目で茫洋として奢らず、近郷の村人に金銀を分け与え人望もあり、後地頭になったとか。藤五郎が山芋を洗ったと言われるのが兼六園内西の隅にある金城霊澤(一説には金洗澤)で水底に砂金がキラキラ光り輝いたと言い伝えられており、それから現在の「金城霊澤」という地名がつけられたとされている。
この辺りには芋掘り藤五郎ゆかりの伝承が実在している。尚藤五郎夫婦を葬ったとされている二五塚(一説には二子塚)は大乗寺の裏から西へ約180米にあり、そこを昔は寺地山と言った。塚発掘の際出土した剣等は寺町5丁目の藤五郎ゆかりの伏見寺に保存されている。
平成元年6月吉日(西暦1989年)
日本民俗学会・加能民俗の会 本光他雅雄