金城霊沢は現在の兼六園の東南端の位置に古くからあり、庶民的な芋掘り藤五郎の伝説とともに「金洗いの沢」と親しまれていた。文禄元年(1592)、前田利家がその名にちなみ、町の名前を「金沢」と改めた。泉はその後「金城霊沢」と呼ばれるようになり、文政年間(1818~)に至って第12代斎広の隠居所がこの近くに建てられたときに整備されたと言われている。

写真の向かって左側に、碑文が建てられている洞が見える。

*写真をクリックすると、拡大表示されます。

金城霊沢のある小立野台地に生まれ、子供のころは兼六園が遊び場でした。

そうして育んだ土地カンというものが、この作品に働いています。

生粋の金沢人にも、おやっと思っていただけるページを発見していただければ幸いです。

著作者:美多幸夫

Since Sep 15, 1997

更新履歴

  • 2021.05.06 ek-MyWEB 2.03RC3 移行
  • 2009.08.23 ek-MyWEB 1.2_RC1 アップデート
  • 2009.07.06 ek-MyWEB 1.1_RC4 アップデート
  • 2009.06.11 ek-MyWEB 1.1_RC1 アップデート
  • 2009.05.04 ek-MyWEB 1.0Beta4 Cardモデル 移行
  • 2009.02.12 ek-MyWEB 1.0Beta改造版 移行
  • 2008.10.05 WordPress2.6 移行
  • 2008.09.15 Expression Web 2 移行
  • 2008.07.30 「芋堀り藤五郎神社」追加
  • 2008.07.15 BiND for WebLiFE により全面リニューアル
  • 2002.07.15 Dreamweaver 4 にて修正
  • 1997.09.15 eAT金沢97' ホームページ部門へ応募(手打ちHTML)